2014年05月26日


サピックスは良くも悪くも
「ドライ」な塾、と言われます。

たしかにそういう印象を持っています。
良い意味では学習に専念できます。

一方、大規模校の大きなコース昇降なども
そう言われる所以なのでしょう。



いわゆる「熱い激励」というのもありません。

志望校別特訓などでも
「▲▲中学絶対受かるぞー、エイ エイ オー!」
など、まったくなかったそうです。


他塾も他の兄弟が通ったので、
ある程度わかります。

生徒さんの仲が良いと言われる塾 Nさん、
熱く、体育会と言われる塾 Wさん、
のように、「なにがなんでも◯◯中学」といった
激励会、壮行会など勉強以外のイベントや、
学校名の入ったハチマキなどのグッズは
サピにはありません
(中学入試会場での激励はあります)。


もちろん、そういう熱い雰囲気が合う
生徒さんもおられること、よくわかります。

1月30日の夜、N塾の生徒さんが肩を叩き合い、
「頑張ろうぜ」「オマエもな」と激励しあっているのを
見ましたが、やっぱり胸が熱くなりました。


サピックスの終講日はといえば、
1月26日だったか、2月1日の一週間ほど前、
普通に授業をして普通に終了しました。
(1月上旬に講師からの寄せ書きのコピーと
合格バッジ、中旬に記念品;ペン立てを頂きました)。

そして高い成果をあげているサピですが、
いわゆる「合格祝賀会」等も一切行いません。

塾は勉強する場所、
それ以上でも以下でもないのでしょう。

個人個人がそれぞれ努力し、
目標校を目指す場所としてシンプルなサピに
娘は合っていたのだと思います。




そういう、一見ドライで個人主義的
といわれるサピックス。

良い意味でサピらしいと感心しましたし、
今でも感謝していることがあります。


「受験校は、仲の良い友達にも、絶対に言うな」


このことを事あるごとに、繰り返し、
子どもたちに言ってくださったことです
(もちろん「聞いてもダメ」とも
言ってくださいました)。

当然のアドバイスといえばそうですが、
やっぱり子ども。

ついうっかり、自慢してしまったり、
妬んだりすることもあるのではないでしょうか。

成績が振るわなかったり、
友だちと差が広がることもあるでしょう。


変なプライドやコンプレックスに悩んだり、
元々の良い友だち関係を壊さないように・・・

先生方がいつも見守ってくださっていたからこその
大事な金言だったと思います。


もちろん、サピで一緒で、
別の学校に進んだ仲間と娘の交流は
今も続いています。

少し距離を取りながら、先生方が
配慮をたくさんしてくださったおかげで、
子どもたちは、お互いを認め合う雰囲気を
醸成できたのだと思っています。





to blog ranking

コメントする

名前
URL
 
  絵文字